norimakihayateの日記

バーチャル旅日記からスタート。現在は私の国内旅行史に特化しています。

2021年夏 京都旅行 10

 京都二日目は息子と昼食を一緒に採るのに11時半に一乗寺近くで待合せることになる。

 千年灸でバスが来るまでの時間を潰した後、11時前に河原町三条から京都バスに乗る。一日目に続いて三条大橋で鴨川を渡るとこの日も水量が多い。

 京都バスはずっと川端通りを北上していくのだが、ずっと鴨川がバスの左側車窓に見え隠れしている。

 このところ、雨がそれも豪雨に近い雨が降り続いているので鴨川の水位も半端ない。平安時代に鴨川が氾濫した時は大変だったのだろうなと想像を逞しくさせる。

 バスは高野玉岡というところで降りることにする。

 

2021年夏 京都旅行 9

 この年の京都旅行はコロナ禍で店があちこち閉まっていたり飲食に制限があったりであまり出歩かないことにした。二日目も朝10時過ぎまでホテルの部屋でゆっくりしてから息子とのお昼の会食に出掛けることにする。

 ホテルを出る際に入口の写真を改めて撮っておく。バス通りから細い路地を一軒分奥に入ったところで、如何にも京都風の細い道の先にホテルの入り口がある。そこにホテルがあると知らないと、まさかこれがホテルの入り口だとは普通思わないような造りで、よく言えば隠れ家風という事なのだろう。

 バスの時間を確認した上で、寺町通りに戻り妻が前から入ってみたかったという千年灸の店に入る。私はあまり興味がないので専ら店の外で写真を撮ったりしながら待つことにする。

 

2021年夏 京都旅行 8

 翌朝は6時半頃起きるとこの日も朝から雨だった。部屋は四条通りの東側向きであることが判る。

 まず大風呂に行って誰もいない所でゆっくり浸かってくる。風呂から戻ると雨が止んだようだったので、三条まで新京極を抜けて進々堂までパンを買いにいくことにする。

 ホテルを出て四条通りを北側に渡ってふと振り返るとホテルの建物が実は四条通りに面していたことが判る。一階部分のみ別店舗になっている為にアーケードの軒下を歩いているとホテルの場所が判らないのだった。

 往きは新京極を抜け、帰りは寺町通りを抜けてきたのだが、まだ店は殆ど閉まっていてガランとしていた。ホテルの部屋で珈琲を淹れ、定番の進々堂のパンで朝食にする。

 

2021年夏 京都旅行 7

 夕食はホテルからも歩いて行ける高島屋の7階、うなぎの老舗・徳で息子と待合せる。私は初めてだったが息子や妻は義父と何度か来たことがあるという。テーブル席から壁を隔てて細く開いたガラス窓から厨房の様子が垣間見れる。

 コロナ禍で高島屋の売り場も閑散としていたが、徳の店内も結構ガラガラの状態だった。鰻のフルコースでさすがの味なのだが、何と言っても酒類の提供が出来ないという。お茶だけで喉に流し込む鰻料理は如何に老舗の味と言っても味気ないものになってしまう。

 前菜、酢の物、茶碗蒸し、白焼きに肝の串焼き、最後は蒲焼のお重に肝吸いと定番の鰻料理は全て出て来たが、白焼きが一番美味しかった気がする。

 

2021年夏 京都旅行 6

 ホテルグランバッハは四条通りのマツモトキヨシの店を曲がると直ぐだった。入口が奥まっていてちょっと判り難い。ロビーは2Fにあってチェックインすると18Fの部屋を案内される。

 部屋は普通の感じだが、ガラス張りの室内シャワーに特徴があって、普通のシャワーヘッドの他に頭の上、真ん中、足元と三種類の噴水口があって細かく設定が出来るようになっている。

 4時から大風呂が入れるというので時間になって早速行ってみると誰も居らず貸切状態だった。

 

2021年夏 京都旅行 5

 パンクの修理と風呂の掃除をしてから3時前には切り上げてホテルに向かうことにする。四条河原町までバスで行くとどんどん雨は激しくなっていく。四条、三条界隈はバス通り沿いに庇のあるアーケードが完備しているので雨に祟られることはなかったが交差点を渡る時は土砂降りの雨に旅行用の小さな傘が心許ない。三条にある業務スーパーで缶詰や旅行中のウィスキーを買う為に少し戻ることになる。

 その後、ホテルを目指して四条通りを西に向かう。今回はホテルグランバッハという所を予約した。妻が行き過ぎたのではないかと不安がる中を距離感を目当てに新京極を過ぎる辺りまで進むと小さなホテルの案内看板を見つける。四条通りに面していないのでちょっと判り難いホテルだった。

 

2021年夏 京都旅行 4

 息子のアパートで持っていった四種類の弁当で昼にするのに、500mlのビール2缶を持って行って、それとは別に旅行中にゆっくり呑むつもりで日本酒の小瓶二本、英勲と月の桂を買ってあったのだがあっと言う間にビールだけでなく日本酒二本も空けてしまう。

 食後、掃除を始める前に自転車を見て欲しいと言われて見に行くと完全にパンクしている。試しにバルブをちょっとチェックすると虫ゴムが完全に無くなっていた。息子は虫ゴムというものを知らなかったらしい。近くのスーパーにあるダイソーまで二人で買いにいくが、帰りには物凄い勢いの雨に祟られてしまった。