norimakihayateの日記

バーチャル旅日記からスタート。現在は私の国内旅行史に特化しています。

2022年春 京都旅行 2

京都出発は3月15日、早朝。直前に電車のダイヤ改正があったので前日に電車の時間を確認しておく。コロナの影響で本数が減っているというので心配だったのだが、数分の違いでほぼいつもの時間で始発に乗る事が出来た。 新幹線もまあまあ人が乗っている。名…

2022年春 京都旅行

2022年になって暫く京都旅行は考えていなかったのだが、ずっと使ってきたソフトバンクのスマホの契約プランが終わるという報せが届いて、スマホの契約更改ついでに京都に行こうということになった。 ソフトバングのスマホは2017年の夏に京都に行った…

2021年晩秋 京都旅行 22

この年の京都旅行の帰りの便はいつもより2時間ほど早い新幹線にした。それで夕食は新幹線の中で弁当で採ることにしたのだ。酒は先に買っておいた月の桂の濁り酒にいつもの英勲を追加する。濁り酒の方は店の人にまだ発酵してるから注意するように言われてい…

2021年晩秋 京都旅行 21

ダイソーから戻ったところで、息子も引越疲れが出たらしく早く帰って欲しそうだったので3時過ぎには京都駅の方へ向かうことにする。 駅前で朝どうしても見つからなかった進々堂が実はバスセンターの中にあったことを発見する。スマホの地図では地上なのか地…

2021年晩秋 京都旅行 20

三日目も息子の新居に片付ものの手伝いに行く。前日に届いていたアマゾンで購入したPC用の机が組み上がっていたので、配線の仕方などを指南してから早目に妻が見つけてきたカレー饂飩の店、てんぐへ向かう。評判の店らしく昼時には列が出来るというので1…

2021年晩秋 京都旅行 19

最終日の朝は朝食を採るのに妻と二人で外に出て京都駅の方へ向かう。しかしこれといった店が見つからず、京都駅八条口のレストラン街みやこみちの端まで歩いてしまった。 結局、京都旅行の帰りにいつも英勲の小瓶を買うハーベスという酒と惣菜の店でお握りと…

2021年晩秋 京都旅行 18

樽八に行くと必ず頼むのが白子ポン酢だ。妻も好きだが、息子の好物でもある。続いてアコウという白身の魚の昆布〆、煮アワビのお造りと頼む。 ホッケの干物、砂肝、セル牡蠣のポン酢など定番の物も次々頼む。 大アサリの浜焼きは、ここ樽八でしか見た事がな…

2021年晩秋 京都旅行 17

午後は再び息子のアパートに向かう。細かな台所用品を妻が阪急スクエアのダイソーに取り揃えに行くというので、息子の自転車のサドル高の調整だけしてやり、アパートで日本酒などをちびりちびりやりながら待つことにする。 夕刻、予約しておいたお気に入りの…

2021年晩秋 京都旅行 16

三日目は午前中はイオンモールのダイソーで買物をしたいというので、付き合うことにする。昼は妻がネットで探し出した殿田という饂飩屋がホテルとイオンモールの間辺りにあるというので事前に下見しておく。スマホの地図を観ながら歩いたのだが、何故か南に…

2021年晩秋 京都旅行 15

三日目の朝も京都のパンが食べたくて前日が志津屋のパンだったのでこの日は進々堂にしようと思って、以前見た事のある京都駅地下鉄改札の先辺りを捜すのだが何故か見つからない。スマホで検索してみると確かに京都駅の改札近く辺りにあると出て来るのだが、…

2021年晩秋 京都旅行 14

京亀はもつ鍋の他に馬刺しのメニューがいろいろあることが判り早速頼んでみる。赤身の肉に脂身を挟んで食べるという食べ方があるのを初めて知る。 二種類目の馬刺しや大振りの餃子、唐揚げなどをもつ鍋が煮えてくるまで楽しみながら日本酒を呑む。 最後の〆…

2021年晩秋 京都旅行 13

京都に来る前に観光は殆ど出来ないのでせめて美味しいものを食べようと妻と相談していた。普段食べられないものと考えてもつ鍋を思いついた。家でももつ煮込みは作ることはあるのだが、味の沁み込んだふわふわのもつというのは外でしか食べたことがなかった…

2021年晩秋 京都旅行 12

息子が荷物を置いて戻ってきて合流したところで阪急スクエア地下の寿司屋、長次郎でお昼を採っていくことにする。この店は息子はテイクアウトなどで何度も使っているらしく、さっと自分の好きなものを注文する。 妻は握りのセットを、私はそれほどお腹が空い…

2021年晩秋 京都旅行 11

京都二日目。この日も引っ越した後のアパートを不動産屋に引き渡す為の掃除を一日掛けてやるので、朝9時のバスで京都駅を出発する。バスが動き出したところで、後ろの方に乗っていた若い男が突然「済みません。連れが来たので止めてください。」と運転席の…

2021年晩秋 京都旅行 10

東大路を通るバスで京都駅まで戻ってホテル京阪にチェックインする。部屋は10階の東向き。ベッドの頭の上に細いスポットライトのような照明が付いているのがちょっと変っている。 夜は判らなかったのだが、朝カーテンを開けてみると向いのエルシエントとい…

2021年晩秋 京都旅行 9

二品目は牛しゃぶ温野菜・柚餡かけというもの。牛のとろっとした味が堪らない。 次のローストビーフは燻製の香りをつけたもので、炙り造りと品書きされていた。。 牛タンとヘレという部位は分厚い肉を塩で焼くもので食べごたえがある。 オックステイルの汁に…

2021年晩秋 京都旅行 8

5時に予約しておいた焼肉店、江州に時間ぴったりに出掛ける。ここは古い古民家を改造して作ったらしく、玄関の大きな暖簾からして武家屋敷にでも入るような雰囲気がある。 案内された座敷は綺麗に整えられた中庭に面している。 店は最近出来たばかりらしか…

2021年晩秋 京都旅行 7

コジマからシーリングライト2基を抱えて戻る途中、古いアパートの方の掃除の続きをする妻と別れて新しいアパートに息子と戻ると、今度はPC用の机や椅子などを捜しに川端通りのケイヨーD2まで行くことにする。ここは以前にもPC用の机と椅子を買ってい…

2021年晩秋 京都旅行 6

エンジェルの豚カツはとにかく分厚かった。席から見える厨房で男性が肉叩きで何度も叩いているせいか、肉がとても柔らかかった。腹いっぱいになって店を出ると腹ごなしに高野にあるコジマ・ビックカメラまで歩いて行き、家電品を買うことにする。 一番大きな…

2021年晩秋 京都旅行 5

息子のアパートに着くなり掃除を始めるが、黴取りの漂白を掛けておいて息子が最近開拓したという豚カツ屋・エンジェルに早目の昼食に出ることにする。夕飯は妻がネットで探し出してきたやはりアパート近くの焼肉の店、江州にしようということになっていたの…

2021年晩秋 京都旅行 4

この時の京都旅行は完全に観光ではなく、息子の引越の手伝いだった。しかし実際の業者を頼んでの引っ越し作業は我々が到着する前日に済んでいた。我々の主な役目は出て行った後のアパートの掃除で、敷金を出来るだけ多く取り返すのが目的だった。 新居は照明…

2021年晩秋 京都旅行 3

京都駅には何時も通り8時丁度ぐらいに到着する。この時の宿はホテル京阪駅南というところ。ホテル京阪は京都駅傍にグランデ、駅南、八条口と三つあるらしい。新幹線の改札を地下鉄側の東口で降りて商業施設アヴァンティに繋がる地下道を通って行くとアヴァ…

2021年晩秋 京都旅行 2

2021年秋の京都旅行は三泊四日で予約する。コロナも第五波が収まってきて店の飲食も緩和されてきていたので久々に京都で美味しい物をという期待もあった。往きの新幹線も心なしか人が多くなってきていた。 豊橋を過ぎた頃、突然車窓に巨大な岩山のような…

2021年晩秋 京都旅行

2021年はコロナ禍もあって、もう京都旅行は夏の一回だけにしておこうと思っていた。それが秋に入って息子が突然引越をしたいと言い出したのだった。息子の京都独り住まいは8年前からで、年に数回京都旅行をするようになるきっかけとなったものだ。以前…

2021年夏 京都旅行 21

伊勢丹最上階の葵茶屋でさんざんねばった後、屋上の景色を観に行くが曇っていてあまりよく見えなかった。それで大階段のイルミネーションの撮影に行く。この時はディズニーのキャラクターの絵柄だった。 その後、いつもの帰りの酒、英勲などを買いにみやこみ…

2021年夏 京都旅行 20

6時過ぎに京都駅に着いて、まだ帰りの新幹線までは大分時間があるので、なるべく時間が潰せそうな店を考えて伊勢丹11Fの既に何度か使ったことのある店、葵茶屋を選び蒸し物の御膳セットを頼んで、もやし一本ずつをゆっくりと食べる。店はコロナ禍で閑散…

2021年夏 京都旅行19

結局漫画ミュージアムには4時間弱居たことになる。5時過ぎに出るともう雨はすっかり上がっていた。妻の希望でお香の松栄堂の展示コーナーというのに行こうとしたのだが5時迄で既に閉まっていた。売店のほうは開いていたので妻はそちらで散々説明を聞きな…

2021年夏 京都旅行 18

漫画家のサインや手のオブジェの展示、特定の作家の特別展示などを見た後、いよいよ本命のメインギャラリーに入る。ここは四面の壁にびっしり昭和20年代ぐらいから2000年以降まで年代別にありとあらゆる漫画が並んでいる。閲覧用の椅子も幾つも完備してあ…

2021年夏 京都旅行 17

漫画ミュージアムは文字通りマンガの博物館なのだが、漫画以外にも展示物は幾つもあって楽しめる。校長室らしき場所には龍池小学校時代の歴史的な展示があり、部屋の雰囲気と相まってタイムスリップしたような感じになる。 昭和初期の時代の紙芝居などを再現…

2021年夏 京都旅行 16

はなまるの饂飩を満喫した後、いよいよこの旅の大きな目的地の一つであった漫画ミュージアムを目指すことにする。 雨を避けて寺町通りのアーケード下を御池通りまで真っ直ぐ北上し、一瞬雨の中を走り抜けて地下道へ入り地下鉄で一駅、烏丸御池まで行く。地上…