norimakihayateの日記

現在は私の海外史に特化して記しています。私的な意見ははやてのHomePageへ書いています

憧れのマイコン・キット TK80

f:id:norimakihayate:20150426072607j:plain

 世の中にマイコンと呼ばれるものが出現した頃は、欧米メーカーの独壇場だった。インテルモトローラザイログだ。その頃、日本の電気メーカーは先行する欧州メーカーのセカンドソースとして、コピー品を生産させて貰っていた。NECはインテルの8080系を、日立はモトローラのMC68系を提携して作っていた。Z80はシャープがセカンドソースを作っていたような気がする。そんな頃に私は無事卒論を通すことが出来て、企業に就職した。ちょうどそんな頃、世の中に画期的なものが発売された。個人向けのマイコンキット、TK80だ。剥き出しの基盤の上に確かインテルの8080が搭載されていて、入力は基板上のテンキー、出力としてはセブンセグメントという電卓等に使われていた液晶数字盤のみ。カセットテープレコーダーに接続して、プログラムを記憶させることが出来るものだ。

 

 個人向けと言ってもそんなに安くはなかった。幾らしたのかはもう憶えていないが、ネットの記事を探すと20万円ぐらいしたようだ。私の初任給は12万円ほどだった。

 

 卒業した学部は制御工学を主に扱っていたので、同級生の多くが電機メーカーに就職していった。その中にはNECに行った者も居た。NECでは新入社員全員にこのTK80キットを格安で分譲していた。それをうらやましいと思ったものだった。