norimakihayateの日記

現在は私の海外史に特化して記しています。私的な意見ははやてのHomePageへ書いています

パリ到着

f:id:norimakihayate:20170904143448j:plain

 我々を乗せたエールフランス275便がシャルルドゴール空港に到着したのは現地夜の6時過ぎ。パリは緯度が高いし夏至に近い頃なので6時を過ぎても随分明るく殆ど昼間と変らない。当初市内のホテルへ向かうタクシーの心配をしていたが、到着便の客が次から次へとタクシーに乗り込むのに、後ろに付いていって只乗込むだけだった。我々の番になった時にやってきたのは日産ティーノを改造したタクシーで、四人で乗っても楽々だった。運転手はアラブ系らしき若い男。あまり喋らず、英語が通じているのかいないのか今一つ不明。ホテルのある町名の「スクウェア・ダンバース」というとすぐに頷いて走り出す。アンバース広場という意味だが、定冠詞de が母音アの前に来ると縮約という短縮形になってダに変るのだ。ホテルの前にアンバース広場があるのだが、ホテル名も確かホテル・スクエア・ダンバースだったと記憶している。市街地を囲む高速道路のリングへ辿り着くまでは高速道路もかなり混んでいた。昔の記憶では市街地に近づくに従ってモンマルトルの丘の上の白亜の聖堂サクレクール寺院がずっと見えていた気がしていたが、その時はなかなか目にすることが出来ず、やっと見えたのはリングに入る直前だった。

 ホテル、スクエア・ダンバースは所謂プチホテルで、入口にはパリの小さなホテルによくあるガラスと鉄骨だけで出来た庇のようなものが出っ張っている。間口は狭く数間分くらいしかなく、一階あたり2室か3室ぐらいのようだった。ここにはまず二泊して、その後南仏で3泊したのちパリに戻ってきて最後に再びこのホテルで一泊する予定になっていた。

 

f:id:norimakihayate:20020624193316j:plain