norimakihayateの日記

現在は私の海外史に特化して記しています。私的な意見ははやてのHomePageへ書いています

ホテルへの道のり

f:id:norimakihayate:20170207111757j:plain

 プーケット島は一応タイ本土からは橋一本で繋がっている島なのだが、タイ全体の地形からすると、元は岬だったのが浸食を受けて本土から切り離されたような格好になったのではないかっと思われる。空港は南北に長い島の北の端に近いところにある。

 ここで何組か居た子供連れの家族とは別れて異なる送迎車に乗ることになる。我々が載ったバンはもう一組の客が居て、若いカップルだった。どうも婚前旅行だったようだ。

 片言の日本語を話す現地人の案内人トムカイ氏は割とすぐに見つかって、もう一組のカップル客が出てくるのを暫く待たされた。トムカイ氏がホテルまでは50分ぐらいだというのを聞いて妻は蒼褪める。その当時、妻は乗り物酔いしやすい体質だったからだ。ホテルは南北に長い島の最南端。緑の丸が最初に一泊だけするアイランドリゾート。対岸すぐには昼食付のクルーズツアーが組まれているボン島(緑の楕円印)が見えている場所だ。そして二泊目からは赤い丸印のホテル・ケープパンワ。送迎車のバンは他の車をばんばん抜き去って猛スピードで南のホテルを目指したのだが、それでもきっちり50分は掛かって、着いた時にはもう真っ暗になっていた。