norimakihayateの日記

現在は私の海外史に特化して記しています。私的な意見ははやてのHomePageへ書いています

料理の定番 鰹ヅケ丼

f:id:norimakihayate:20151216112146j:plain

 昨日も一万歩そこそこで5駅進んだ。頴娃(えい)から出発して西頴娃、御領(ごりょう)、石垣(いしかき)、水成川(みずなりかわ)と過ぎて、頴娃大川というところまで到達した。終着駅までも残り5駅となった。

 

 今日紹介するのは我が家自慢の一品。鰹ヅケ丼だ。これは鰹の刺身を美味しく食べる工夫をしていった路線と、麦とろ飯を美味しく食べる路線が交わったと言える。鰹の生のぶつ切りを醤油、みりん、酒に暫く浸ける。この時、生姜を少し擦り込んでおく。一方ご飯は麦を一割ほど混ぜて炊き上げる。山芋を擦って出汁醤油で味を調え溶き卵を混ぜる。麦ご飯に山芋の汁をかけ、その上に浸けておいた鰹を載せ、あとは刻み海苔を載せるぐらい。刻み葱を散らしてもいい。今回はたまたま庭にあった穂紫蘇を載せている。

 鰹をヅケにして食すのは、江戸以来の伝統的な食べ方なのだそうだ。確かにそのまま刺身で食べるより遥かに旨い。