norimakihayateの日記

 歩数計を腰に、バーチャルで辿る旅日記。今は山陽本線に沿って東京を目指しています。はやてのHomePageへのリンクも追加しました。

フィレンツェでの昼食

f:id:norimakihayate:20160725094901j:plain

 昨日は夕方頃からちょっと呑み過ぎて油断してしまい、9600歩は超えたのだが、目標未達のまま終わってしまった。東海道上では富士川から富士を通過し、吉原までやってきた。今年の1月22日に、九州最南端の枕崎で折り返して東京を目指したのだが、だんだん到着が見えてきた。あと残り141kmとなり、2週間ちょっとぐらいで到達出来そうだ。

 

 フィレンツェの一日バス観光旅行は何処で昼食を採ったのか、すっかり忘れていたのだが、当時の写真を繰っていて街中の小さなレストランで、同行した他の日本人旅行者数人とテーブルを囲んだことを思い出した。

 このフィレンツェ旅行は、その2年前にパリから出掛けたロワール河古城巡りのバス旅行と似ていて、30年が過ぎた今、いろんなところで記憶がごっちゃになっている。同行の日本人観光客は、どちらも十人弱だったように思う。その中に年配の元大学教授が居て、現地ガイドの聞き取りにくい英語の説明を日本語で補足してくれた気がするのだが、それがロワールの時だったかフィレンツェの時だったか、はたまた両方だったのかはっきりしない。今日の画像からすると、少なくともフィレンツェの時には年配の日本人が居たのは間違いなさそうだ。

 今年の5月12日の記事に、ロワール河古城巡りでの食事の際にオードブルで出されたものに、ウフ・メイヨネーズだ出されたことを書いている。が、フィレンツェでも出てきた気がするのだ。茹で玉子を半分に割ってお椀型に伏せ上からソースを掛けたものなのだが、イタリアで食べたものはほうれん草を入れた緑のソースと人参を混ぜたオレンジ色のソースが付いていて、茹で玉子の白と合わせてイタリア国旗の色を表しているのだろうと感心した記憶があるのだ。フランスで食べた時のソースの色が何だったかはちょっと思い出せないのだが、イタリアでのものと色が違っていたのはほぼ間違いないと思う。