norimakihayateの日記

現在は私の海外史に特化して記しています。私的な意見ははやてのHomePageへ書いています

季節の料理4 お正月

f:id:norimakihayate:20151124112226j:plain

昨日は1万歩をちょっと超えた所で終わった。佐敷(さしき)から出発して湯浦(ゆのうら)を過ぎ、次の津奈木(つなぎ)まであと4kmというところまで来た。

 

 クリスマスを過ぎればすぐにお正月だ。初めて自分でお節を作ってみようと思い立ったのは、1999年末。まだ単身赴任中だったが、年末の最後に単身アパートを戸締りして、群馬の野菜と豚の塊肉を仕入れて、自宅へ戻った。

 結婚前は、当然ながら自分の母親の煮しめを中心としたお節を食べていた。その中でもお気に入りだったのは、焼豆腐の煮物だ。かつお節でじっくり味が沁み込むまで煮込んだもので、これの冷めたものをお正月の朝に食べるのが大好きだった。それで、まずはこれを作ることにした。あとは定番の里芋、蓮根、牛蒡、人参などの根菜類。これらを一番出汁を取って順番に煮ては冷ますを繰り返す。あとは出来あいの蒲鉾、伊達巻を切って添えるのだ。その当時の日記を調べると、群馬で買ってきた豚バラの塊肉は、年末のうちに燻製にしてお正月に切って出したと書いてあった。上の画像の右手前はどうも豚バラの燻製のようだ。その当時、燻製も庭にバーベキューグリルを出して自家製の燻製器で肉や魚などをよく燻していたものだった。

 

 もう一枚の画像はその後10年経過した2010年のお節。大分洗練されて品数も増えてきたようだ。

f:id:norimakihayate:20100101082513j:plain