norimakihayateの日記

現在は私の海外史に特化して記しています。私的な意見ははやてのHomePageへ書いています

マイ・フェイバリット・ペインター

f:id:norimakihayate:20150227182916j:plain

 今日はちょっとしたごたごたで、時間を取られブログ更新の時間も取れず今になってしまった。昨日も1万歩超えで9kmほど稼いでいるが、以前上白滝と上川の間に居る。

 

 今日からは好きな画家を取り上げたい。私にとって一番は何と言ってもフィンセント・ファン・ゴッホになる。ヴィンセント・ヴァン・ゴッホと濁る言い方もあるのだが、どちらが正しいのか判らない。おそらく故郷のオランダと、長く居たフランスとでそれぞれ違う発音をするのだろう。

 

 ゴッホの作品で一番好きなのは、数日前に冒頭の画像として取り上げた星月夜と題された糸杉の絵だ。二番目というと、今日の画像の自画像だ。確か中学の時の美術の教科書に採用されていたと思う。私が中学に上がって最初の担任は美術教師だった。従って美術部の顧問でもある。私が一日しか美術部に顔を出さなかったことについて、何も触れなかった。この担任の美術教師を何故か今日の画像のゴッホ自画像は彷彿させるのだ。顔が似ているのではなくて、雰囲気が似ているのだ。

 

 美術部に関して彼が私に触れたのは、文化祭があって作品の展示の準備をしている時、突然やってきて「お前の絵も誰かが飾っておいてくれているから、行って観ておけよ。」という一言だけだった。