norimakihayateの日記

バーチャル旅日記からスタート。現在は私の国内旅行史に特化しています。

尾道 しまなみ海道の旅 12

f:id:norimakihayate:20200704055651j:plain

 シャワーを浴びてさっぱりしてから駅の案内所に向かう。私はリュックが妻は帽子と傘が欲しかったので、駅前のビルに入るが気に入ったものが無い。駅前から商店街を二つ超えたところでスポーツ店があり気に入ったポシェットが見つかったので税金分をまけて貰い2500円で購入する。尾道の駅前の商店街はなかなか雰囲気のある通りで、あちこち写真を撮っているときりがない。

f:id:norimakihayate:20200704055715j:plain

 

尾道 しまなみ海道の旅 11

f:id:norimakihayate:20200703051716j:plain

 尾道大橋から尾道駅までは思ったより距離があった。4時前に尾道第一ホテルに到着したので11時間掛かったことになる。防犯の為、仮眠用に持っていった夏掛けタオルケットをロードバイクに覆いのようにして隠してホテルに入る。事前の予約では二日同じ部屋が取れないとの事だったが、話は違って二日間ツイン室が使えるとの事。しかし料金が少し高くなるというので妻がもったいないと言って予約通りの一日目と二日目で別々の部屋に替えて貰う。最初の部屋は803号のツインで瀬戸内海が見える最上階だった。

f:id:norimakihayate:20200703051737j:plain

 

尾道 しまなみ海道の旅 10

f:id:norimakihayate:20200702054836j:plain

 大阪までは順調だったが、吹田ICまで来たところで最初の乗り間違えをしてしまう。中国道方面に入る筈だったのが通り過ぎてしまったのだ。それですぐに料金所から降りることにする。慌てていたので無人機にカードで支払い領収書を貰い損ねるが9950円だったようだ。国道2号に一旦出て再入場するランプを捜したのだが、ここでも車線を間違えて吹田の乗り口を通り過ぎてしまう。それで仕方なく宝塚から乗る事にして暫く2号を走る事にする。宝塚付近からは直感だよりで少し走ってやっとランプを見つけ無事中国道に乗る事が出来た。神戸JCTから山陽道に乗り換え、1時過ぎに龍野西SAで私は鶏天蕎麦、妻は狸饂飩で昼食にする。更にここで給油していくことにすると満タンで29.5L入った。3時半に福山西で山陽道を降り5310円カードで支払い今度はちゃんと領収書を貰って国道2号に入る。840円余計にかかってしまったことになる。国道2号は高速風になっていたが料金所はなく最後に無事尾道大橋インターで降りることが出来た。

f:id:norimakihayate:20200702054914j:plain

 

尾道 しまなみ海道の旅 9

f:id:norimakihayate:20200701062451j:plain

7時頃掛川SAに入りお握りで最初の朝食ブレイク。豊田東で新東名を降りて伊勢湾岸道路に入る。四日市から先は東名阪。この頃から妻に印刷しておいたインター名のリストを読み上げて貰い確認しながら進む。9時を過ぎた所で御在所SAに入り妻がキーマの残りで作ってきたカレーパンを食べる。この辺りから工事渋滞でスピードが落ちる。亀山で新名神入り、草津名神に乗換え。瀬田東で今度は京滋バイパスに移り大山先で名神に戻る。11時前に草津PAで休憩。豚饅と近江牛コロッケを食べ道路工事のアンケートに答えて図書カードを貰う。

f:id:norimakihayate:20200701062508j:plain

 

尾道 しまなみ海道の旅 8

f:id:norimakihayate:20200630035607j:plain

 いよいよ出発となったのが6月の最初の金曜日だった。朝4時に目覚ましで起きて、妻はお握りを用意し、私は珈琲を淹れてポットに詰める。家を出たのは5時ちょうど位だった。

 最初のうちは道路交通情報を聴く為にラジオにしていたが、大きな渋滞は無いらしいことが判ると早速持参したCDに換える。最初は中森明菜のデビューアルバムから聞き始めることにした。

 東名を松田で右ルートを取ることにして御殿場を目指す。この頃は新東名は御殿場からだった。明けてきた空に富士が美しかった。

 

尾道 しまなみ海道の旅 7

f:id:norimakihayate:20200629070243j:plain

 旅行の出発に先駆けての準備の一つにロードバイクの車輪の着脱練習がある。元々ロードバイクを買った直後は使用後は家の中の自室で保管していたので毎回前後の車輪の着脱をしていた。しかしあまりに面倒なので1年経過前に庭に据え置く大型物置を買ってそこに鍵を掛けて収納することにした。以来ずっと車輪の着脱はやっていなかったので、要領も忘れかけていたのだ。

 着脱はそんなに難しい訳ではなかったが、知らない土地で長い距離走る際には不完全なタイヤ装着だととても危険な事になる。それで確実にタイヤを装着できるよう何度も脱着練習をしておいたのだ。

 

尾道 しまなみ海道の旅 6

f:id:norimakihayate:20200628062654j:plain

 日焼け止めジェルの他に準備したものとして往き返りで片道約700kmある車中で聴く音楽があった。結婚に前後してドライブデートと言えばしょっちゅう聞いていた楽曲が多々ある。それを今回の旅行で思い出しながら聴き返してみようと思ったのだ。

 当時はカセットテープだったと思う。それも町のレコードショップから借りてきたレコードをラジカセなどで録音ダビングしたものだった。それらは何時しかMDに再ダビングされ、やがてはCD-Rにコピーされて今ではカセットもMDも残っていない。

 数ある当時の楽曲の中から選んだのは結婚前後の当時一番よく聴いていたユーミン中森明菜大貫妙子のものからアルバム数枚ずつ計十数枚を選んで持って行くことにした。

f:id:norimakihayate:20200628062721j:plain