norimakihayateの日記

バーチャル旅日記からスタート。現在は私の海外渡航史に特化しています。

金瓜山鉱山跡

f:id:norimakihayate:20180902142044j:plain

 瑞芳からバスに乗って山道を一時間ほど登った所に金瓜山鉱山跡の入り口である博物園区というバス停に到着する。バス停から鉱山跡地の入り口までは、日除けの屋根だけでなく、ミスト噴射まで完備していてサービスは行き届いている。バス停名は黄金博物園という名前に由来していて、鉱山跡地である昔の街並みを公園として保存していて、その名を黄金博物園と称している。名前などから金鉱山もあったのかもしれないのだが、大半は石炭の鉱山だったようで、主に日本人統治時代に整備されたものらしい。そのせいか、建物などは殆どが大正浪漫風だったり昭和初期の日本を彷彿させるものがずらりと並んでいる。

f:id:norimakihayate:20180902142256j:plain