norimakihayateの日記

バーチャル旅日記からスタート。現在は私の海外渡航史に特化しています。

いよいよオペラ座 内部へ

f:id:norimakihayate:20171127163646j:plain

 オペラ座の内部に初めて入る。ガルニエ宮であるオペラ座には二つの顔があるように思う。一つはヴェルサイユ宮殿のような豪華絢爛な宮殿としての様式。もうひとつはオペラ座の怪人に象徴されるような、おどろおどろしい雰囲気だ。その後者の方に入口を入るなり遭遇する。何とも言えない、魑魅魍魎が跋扈していそうな妖しげな雰囲気がそこには存在するのだ。

 オペラ座の怪人を書いたガストン・ルルーは私の小学生時代からの大好きな作家だ。と言っても小学生時代に読んだのは僅かに「黄色い部屋の秘密」のみ。それでもあかね書房から発刊されていた少年少女推理文学全集に収録されていたこの作品は、何度も何度も図書室から借り出しては読んでいた。

 オペラ座の怪人と黒衣夫人の香りを読んだのは大人になってからだった。オペラ座の怪人はDVDで映画でも観た気がする。その時からオペラ・ガルニエはどうしても訪れてみたい場所だった。

 

f:id:norimakihayate:20171127163701j:plain