norimakihayateの日記

バーチャル旅日記からスタート。現在は私の海外渡航史に特化しています。

オテル クロワトル・サンルイ 3 朝食ビュッフェ

f:id:norimakihayate:20171005101726j:plain

 オテル・クロワトル・サンルイでは2泊しているので、着いた日の昼と、二日目の夕食をホテルのメインダイニングで採っているが、朝食は一泊目と二泊目の朝二回、石畳と芝生のほうの中庭で採っている。昼間は暑くて、エアコンの効いている室内がいいが、朝はまだ涼しくて中庭のテラス席のほうが気持ちがいい。

 案内や給仕してくれるウェイトレスが皆、スタイルがよく美人ばかり。髪をきりりと留めていてスリットの入った黒いタイトスカートを着こなしている。一人、目がぱっちりしていて表情が硬いひときわ目立つウェイトレスが居て、女優のシャルロット・ランプリングの若い頃に似ていた。

f:id:norimakihayate:20171005101756j:plain

 ビュッフェの内容はインターナショナルなホテルにあるようなものが一通り揃っているが、ひとつ珍しいものを見つけた。茹で玉子器とでも言ったらいいのか、ステンレス製の四角い鉢で中に電熱器が入っていてお湯をぐらぐら煮たたせている。卵をセットするステンレスの針金をSの字でループにしたようなものがあって、その先に生卵をのせ、反対側のフックをステンレスの鉢の縁に掛けるようになっている。後は自分の好きな時間に取り上げると、半熟でも固ゆででも自由自在という訳だ。息子はこれがいたく気に入って3個も食べたようだ。私も試してみたが、南仏の農家で自然に育てた鶏のものらしく、味が濃くて美味しい。

 

f:id:norimakihayate:20171005101814j:plain