norimakihayateの日記

 歩数計を腰に、バーチャルで辿る旅日記。今は山陽本線に沿って東京を目指しています。はやてのHomePageへのリンクも追加しました。

12年ぶりの海外出張

f:id:norimakihayate:20170705114549j:plain

 このところずっとアジアを中心とした海外リゾート地での家族バカンス旅行について振り返ってきた。海外リゾートでの家族旅行は2000年のペナン旅行で締め括ったのだが、実はペナンに出掛ける2箇月ほど前に海外出張で米国に出掛けている。ここからは海外出張編を暫く綴っていくことにする。

 

 2000年の頃はエンジン電子制御システムのコントローラ(制御ユニット)のハードウェア及びソフトウェアの設計を担当していた。その当時勤めていた会社に米国自動車会社のF社から、新規開発のV型8気筒エンジンの為のエンジン制御システム開発に対して提案が出来ないかという話が入った。システム開発自体は直接は担当していなかったのだが、その当時のシステム開発を担当していた人物は私の旧知の親友だったのだが、英語に自信が無いというので助っ人として同行を頼まれたような感じだった。コントローラの受注の可能性も無い訳ではなく、全く関係が無いとも言えないので快く引き受けることにしたのだった。当時は日本から送り込んでいる米国駐在員でさえも、碌に英語が使えないというような状況だったのだ。

 

 海外出張は1988年の欧州調査隊への参加でベルギー、ドイツ他数国を廻ったのが最後で、何と12年ぶりだった。パスポートは毎年の家族海外旅行の為に切らしたことが無かったので問題はなかったが、私達が行くかどうかの決定が相手の会社のアポの関係でなかなか決まらず、かと言ってぎりぎりまで待っていては間に合わないので、成田まで駆けつけてそこで海外出張がGOとなるかどうかの連絡を待つというぎりぎりの設定だった。