norimakihayateの日記

現在は私の海外史に特化して記しています。私的な意見ははやてのHomePageへ書いています

シンガポールの高島屋での豪遊

f:id:norimakihayate:20170622120357j:plain

 シンガポールセントアンドリュース大聖堂とラッフルズホテルを見物した後、市内にある大型百貨店である高島屋へ行っている。現地名ではナグヤムシティというらしかった。何故そこへ向かったかというと、日本を出発する前に、旅行会社から抽選に当たったからと、現地で金券に換えることが出来るという葉書を貰っていたからだ。とにかく高島屋のサービスカウンタへ行ってみることにした。

 ここで最終的に三万五千円相当のキャッシュカードを受け取るまでは、正直言って本当に只で金券が貰えるとは思っていなかった。よくある、使えるのだがそれは数万とか数十万円の商品を買った場合だけというインチキ商法なのだろうと思っていたのだ。ところがその抽選を主催していたのはシンガポール政府観光局であるというのをその場で初めて知ったのだった。

 それから先、この高島屋での買い物ゲームが始まったのだが、そろそろ昼になっていたのでまずファミレス風のレストランに入ってみる。最初はここではこのカードは使えないと言われたのだが、少しして店長みたいな男がやって来てやっぱり使えるという。注文したのはあまり高価な食事ではなかったので、残念だったが、気を取り直して買物ゲームを続けることにする。

 まず玩具売場で子供達の好きな物を買う。息子は大型の水鉄砲、娘はロゴ形式のプラモデルとジグゾーパズル。その後、アラブ人街で見つけたのと同じガラス細工の香水入れを三つ。更に娘はその店で、前から欲しいと言っていて私達夫婦から駄目と言われていたお面をみつけ、どうせお金を残しても仕方ないからと買ってやることにする。

 その後、妻はネックレスを買い、仲人をしたあげたばかりの夫婦へのお土産に錫製のワイングラスを、子供達にはお菓子を好きなだけ、最後に妻は紙細工の道具を買っている。私自身のものは特に買わなかったと思うが、最後に20シンガポールドルぐらいが使い切れないで残ったようだったが、特に惜しいとは思わなかったようだ。

 

f:id:norimakihayate:20170622120414j:plain