norimakihayateの日記

 歩数計を腰に、バーチャルで辿る旅日記。今は山陽本線に沿って東京を目指しています。はやてのHomePageへのリンクも追加しました。

チャアムまでの長い道のり

f:id:norimakihayate:20170319132903j:plain

 バンコク市内からチャアムビーチのホテルまでは、あちこちの観光や昼食もあって、かなりの時間が掛かった。まずホテルを出発してバンコク市街を出るまでが渋滞続きで、我々を乗せた大型バスはなかなか郊外まで脱出出来なかった。途中おおきな吊り橋を渡る。地図をみるとどうやらチャオプラヤー河だったようなのだが、その後かなり走った後、訪れる水上マーケットのチャオプラヤー河らしいので、違っていたかもしれない。但し、タイの大河は飛行機から見ても分かる大きく蛇行しながら平らな平野をあちこちに渡って流れている川なので、同じ川でも広範囲に流れているのかもしれない。吊り橋のかなり高い位置から見下ろした大河の縁に白いビルのようなものが見えていたのだが、だんだん近づいて行くとそれは大型船なのだということが分かる。まさにノアの方舟のようだった。

 Wikipedia で調べるとチャオプラヤー河は昔はメナム川と呼ばれていたそうだ。私自身も小学生か中学生ぐらいの社会科の授業でメナム川と習った記憶がある。チャオプラヤー河はタイ語でメナム・チャオプラヤーと言うそうで、メナムは河という意味。それを聞いた外国人がメナムというのを河の名前と勘違いして伝わったそうだ。戦場に架ける橋のクワイ河で戦争が行われていた時代の話なのだろう。