norimakihayateの日記

現在は私の海外史に特化して記しています。私的な意見ははやてのHomePageへ書いています

ビンタンバリホテルのコテージ

f:id:norimakihayate:20170306165745j:plain

 実はバリ島のバカンスは全部で四度行っている。なので、記憶だけで書いているとごっちゃになって、勘違いも多くなる。昨年末に最初のバリ滞在のことを書いていて、豊穣の女神デヴィスリの木彫り像を買い損ねて、帰りの空港で代りにレゴンダンスの踊り子の像を買ったと書いてしまったが、今になって調べてみたら、今書いている1994年のビンタンバリホテルの時だったことがつい最近判った。

 ビンタンバリホテルの部屋について書こうとしていて、やはり1996年の時の部屋と勘違いしていたことが、つい最近判った。1994年のビンタンバリホテルで割り当てられたのは、一棟で2家族が入れる一階建のコテージだった。前年の1993年までは一部屋でツインかダブルベッドの部屋にエキストラベッドを入れて貰ってという形だったのだが、1994年では7歳の娘と2歳の息子という風に子供も成長したので、隣り合った続き部屋2部屋にして貰っている。海外では部屋と部屋の間に施錠出来るドアが付いている続き部屋というのがよくあるものだが、この時は行き来出来るドアはなかった代わりにどちらも中庭に面したフレンチ扉の付いたベランダがあって、我々夫婦の部屋と子供達の部屋を庭を介して行き来することが出来た。7歳、2歳の子供達だけで一部屋というのは日本の旅行事情からすると何とも贅沢な部屋割りだが、この当時の海外旅行ツアーでは1部屋でも2部屋でも大して全体の額は変りなかったようだ。