norimakihayateの日記

現在は私の海外史に特化して記しています。私的な意見ははやてのHomePageへ書いています

ゾーリンゲン

f:id:norimakihayate:20161122103528j:plain

 ヨーロッパに来て十日目は、もうドイツ滞在最後の日となる。ベルギーへ送る荷物の梱包などをした後、デュッセルドルフの街までお土産などを買いに繰り出す。

 デュッセルドルフのお土産の定番は、すぐ近くの刃物で有名な街、ゾーリンゲンの製品だ。買ったのは、ヘンケル社製の大、中、小の三本の洋包丁のセット、ドイツ人サイズの大き目のナイフ、フォーク、スプーン、珈琲スプーンが5本ずつ入ったカトラリーセット、そして電池で動く鼻毛カッターだった。いずれも我が家で使う為のお土産で、包丁セットの中のプチナイフだけは、失われてしまったのだが、残り二本は今も健在で、特に中型の包丁は多用するので何度も研ぎ直し、買った当時よりかなり細くなってきている筈だ。

 昼食は街角の小さなラーメン屋で採ることになる。メニューがドイツ語と中国語で書かれていて読めない。青い眼で金髪の若いウェイトレスに試しに「ギョウザ」と日本語で言ってみると、ちゃんと通じた。考えてみれば毎日作っているメニューなのだから日本語の名前ぐらい知ってて当然なのだろう。