読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

norimakihayateの日記

 歩数計を腰に、バーチャルで辿る旅日記。今は山陽本線に沿って東京を目指しています。はやてのHomePageへのリンクも追加しました。

海外出張とクレジットカード

f:id:norimakihayate:20160831154234j:plain

 80年代前半での海外出張というと、初めて海外に行くという人が大半だった。初めて出ないのは新婚旅行でハワイやグアムに行ったことがあるという程度。海外出張が初めてだと、よく憶えていないが20万円から30万円ぐらいの支度金が支給されたのだったと思う。サムソナイトのスーツケースを買ったり、背広を新調するというのも珍しくはない時代だった。健康診断をして予防注射をして海外保険を掛ける。

海外出張をするので、初めてクレジットカードを作るという人も多く、私もそうだった。給与支給がやっと手渡しから銀行口座振込に変わった頃の話だ。私もクレジットはマルイの月賦用カードは持っていたが、所謂信用取引のクレジットカードはこの海外出張の為に初めて作ったのだった。初めてのクレジットカードは協和銀行で作ったと記憶している。この銀行は時代を経て、あさひ、りそなと名前を変えている。その途中でクレジットカードの発行元が銀行そのものから銀行の子会社である信販会社に変っていた。ある日、銀行の窓口にクレジットカードの番号変更の為に持参したら、このカードはうちの銀行のものではありませんと言われて慌てた記憶がある。