norimakihayateの日記

現在は私の海外史に特化して記しています。私的な意見ははやてのHomePageへ書いています

サンテティエンヌデュモン教会 2

f:id:norimakihayate:20160303123049j:plain

 昨日も一万歩を達成し、上岡から佐伯(嘗てさえき、現在はさいき)、海崎(かいざき)と過ぎて狩生(かりう)まで到達した。

 

 今日も話題はサンテティエンヌデュモン教会について。この教会はそれほど大きくはなく一見地味に見えるが、中に入ってみるととても綺麗な教会で見どころも多い。

 一番最初に訪れた時には、ちょうど何かの集会が行われていて中に入ることが出来なかった。日曜日ではなかったので、通常のミサではなかったようで、フランス人ではない外国人の為の集会のようだった。

 雪辱を果たしたのは3年後と20年後の二回だ。三回目の訪問の際にはソニーのハンディカムという8mmビデオカメラを持参していてそれで撮影もしている。このビデオカメラの自動露光調整機能はとても優れたもので、通常のカメラでは撮影の難しいステンドグラスを自動で見事に撮影してくれる。サンテティエンヌデュモン教会はステンドグラスの美しい教会でもある。ノートルダム大聖堂のような大きさでの迫力は無いのだが、描かれている聖書を題材とする絵が実に繊細で色使いも美しいのだ。いったいどうやってガラスでこんな物が出来るのかと不思議でならない。

f:id:norimakihayate:20160303123118j:plain

 また聖堂の造りも変わっていて、立派な説教壇があったり、おそらくは聖歌隊が階上にあがる為のものと思われる流麗な螺旋階段が両側に配置されているのも美しい。

 今日の画像は2002年に訪れた際に撮った動画をパソコンのビデオキャプチャで静止画像に落としたものだ。

f:id:norimakihayate:20160303122910j:plain