norimakihayateの日記

現在は私の海外史に特化して記しています。私的な意見ははやてのHomePageへ書いています

パリの地下鉄 2

f:id:norimakihayate:20160223114846j:plain

 昨日は1万7千歩に迫る歩数を稼いだ。日豊本線上では美々津(みみつ)から出発して南日向、財光寺と過ぎ、日向市まで到達した。

 

 パリの地下鉄に初めて乗ってみて、いろいろ驚くことが多かった。まずは扉の開閉を手動で行うことだ。全部ではないのだが、初めてパリへ行った1982年はかなり多かった。20年後の2002年にもパリへ行っているが、その時は大分全自動のものに変っていたものの、まだ手動の車両も若干は残っていたように思う。手動の開閉車両はドアの真ん中部分に小さなハンドルが付いていて、それを持ち上げると開くのだった。閉めるほうは自動で閉まったのだったかもしれない。初めて自分で操作する時は、ドキドキしたものだ。パリっ子は、車両が停まるかどうかの直前ぐらいに、ひょいっとハンドルを回して、ひらりと降りていく。それがとても格好良く見えたものだった。

 もうひとつはストリートミュージシャンというか、駅構内の通路などで楽器を奏でている人達だ。最初は勝手にやっているのかと思っていたのだが、後で駅構内で演奏する為にはオーディションを受け合格しなければならないのだと知った。時々は地下鉄の中にも入ってきて、走行中の車両の中で突然弾きはじめる人もいた。これには度胆を抜かれた。