norimakihayateの日記

 歩数計を腰に、バーチャルで辿る旅日記。今は山陽本線に沿って東京を目指しています。はやてのHomePageへのリンクも追加しました。

最初の寄港地 香港

f:id:norimakihayate:20160205100822j:plain

 昨日も一万歩を達成し、竜ケ水(りゅうがみず)から重富姶良(あいら)、帖佐(ちょうさ)、錦江(きんこう)と過ぎ、加治木までやってきた。

 

 フランクフルト行きルフトハンザ航空の南回り便での最初の寄港地は香港だった。給油する間、2時間ほど、空港内部だけだが滞在したので、私達夫婦にとっての最初の外国ということになる。香港は実はこの後、ちょうど1年後に実際に宿泊滞在することになるのだが、それは後日また。

 香港の空港はその時はまだ啓徳空港(カイタック空港)だった。世界で最も着陸が難しい空港と言われ、摩天楼のように聳える高層ビルすれすれに飛んで着陸する空港だ。新婚旅行で渡航した時は、着いた時はまだ薄暮ぐらいだった筈だが、離陸する際には百万ドルの夜景と呼ばれた美しい眺めを機内から堪能出来たのを憶えている。

 香港はまた、まだその時は中国に返還されていなくてイギリスの統治下にあった。給油中空港内の待合室で待つ際に、自動小銃を手にした二人の兵士の前でパスポートを出してゲートを通過したことをとてもよく憶えている。香港は熱帯から亜熱帯ぐらいで、夏だったせいもあるが、飛行機内から空港建屋に移る為にボーディングブリッジを通過する一瞬、外気に触れるところがあり、熱風が吹き込んできて、ああ南の国なんだなと肌で実感した瞬間だった。