norimakihayateの日記

現在は私の海外史に特化して記しています。私的な意見ははやてのHomePageへ書いています

季節の料理11 筍

f:id:norimakihayate:20151207093027j:plain

昨日は薩摩松元から出て上伊集院を過ぎ、広木という所まで到達した。

 

 4月から5月に掛けて筍が旬を迎える。年に一回か二回、筍を丸ごと買ってきて、食べることにしている。早い物では3月中に出回るものもあるが、ちょっと値が張る。我が家がスーパーから筍を仕入れるのは4月を過ぎてからということにしている。

f:id:norimakihayate:20151207093054j:plain

 前の日に糠と唐辛子一本を入れて1~2時間ほど茹であげ、一晩そのまま置く。次の日に皮を剥いて水洗いし、穂先の一番柔らかいところは若竹煮にする。

 

f:id:norimakihayate:20151207093120j:plain

 一番固い根元の部分は筍ご飯で炊く。レシピは辰巳芳子さんという料理研究家のお婆さんがテレビでやっていた方法をいつも参考にしている。根元の部分を薄い輪切りにしてから短冊型に細く切る。これに椎茸、油揚げを加えて炊き込むのだ。この形が一番食感がいいそうだ。

 

f:id:norimakihayate:20151207093138j:plain

 真ん中の部分はその年によって、土佐煮にするか、豚バラ肉と中華旨煮を作る。土佐煮は、崎陽軒シウマイ弁当に必ず入っているあのサイコロ状の甘辛煮である。作っておくと、数食分のおかずに使える。中華旨煮は私の得意料理のひとつでもある。しかし年に一回作るかどうかなので、毎回レシピ本を確認しながら作っている。画像は残念ながら見つからなかった。

f:id:norimakihayate:20151207093157j:plain