norimakihayateの日記

現在は私の海外史に特化して記しています。私的な意見ははやてのHomePageへ書いています

真冬の定番5 シチュー2

f:id:norimakihayate:20151203112740j:plain

 昨日は上川内(かみせんだい)から出て川内を通過し、肥薩おれんじ線から再び鹿児島本線に入る。更に隈之城(くまのじょう)を越えて木場茶屋(こばんちゃや)という所までやってきた。

 

 昨日はクリームシチューを紹介したが、今回はビーフシチュー、と思いきや実はこれはビーフではない。知り合いの知り合いで、狩猟をされる方が居て、捕えた鹿を捌いて、鹿肉をお裾分けで頂いたのだ。

 

f:id:norimakihayate:20151203112806j:plain

 捌きたてらしく、特に動物臭い匂いは感じられなかった。圧力釜でじっくり火を入れて、ほろほろになるまで煮込んでからブラウンソースで味を調えた。コクはあるものの、意外とあっさりした味ではあった。

 実は鹿肉を食するのは、この時が二回目だった。最初の機会は80年代の終り頃、欧州に出張した時だった。デュッセルドルフからアウトバーンをずっと南下していった避暑地でヴィンターシャイダーミューレという田舎のホテルに泊まった際に、そこのシェフが薦めるままに試してみたのだった。確かその時はステーキのような形で供されたのだったと記憶している。