norimakihayateの日記

現在は私の海外史に特化して記しています。私的な意見ははやてのHomePageへ書いています

メーカーオプションとディーラーオプション

f:id:norimakihayate:20150810105524j:plain

 昨日は六日ぶりの1万歩超えをした。上川口を出て、下夜久野を越えた。次の上夜久野までもあとちょっとだ。

 

 社内販売による新車購入では、会社指定の物流倉庫まで自分で車を取りにゆくのだった。その後、エアコンを付けて貰う為に自宅近くの販売店まで新車を持ち込むのだ。あの当時、エアコンは殆どがディーラーオプションだった。全ての人が新車を買ってエアコンを装着する訳ではなかった。それぐらいまだエアコンは高価で贅沢品と思われていた。今では軽トラックにだってエアコンは普通に付いている。

 

 エアコンがディーラーオプションだったのは、販売店にとってエアコンは重要な収入源だった筈だ。いわゆる美味しい商売というやつだ。入社してすぐの頃、会社の先輩で自分でカーエアコンを取り付けたという人が居た。部品としてエアコンキットを買ってきて、休みの日に自分で取り付けたのだという。大分安く付けることが出来たのではないかと思われる。しかし、それにしてもだ・・・。

 

 ディーラーオプションに対してメーカーオプションと言って、工場出荷時に工場で取り付けるオプションもあった。あの当時一番流行っていたメーカーオプションはサンルーフではないだろうか。さすがにサンルーフは後から取り付けるという訳にはゆかなかったのだろう。まだサンルーフも方式が定まっていない頃で、いろんな方式が車種によって様々に用意されていた。N社はサンルーフは後発で、普通の電動式が少なく、脱着式というのが何故か多かった。外すと置き場所に困るので、もっぱらチルトで使っていて、休日など極たまにしか取外しはしなかった。