norimakihayateの日記

現在は私の海外史に特化して記しています。私的な意見ははやてのHomePageへ書いています

叩き上げの先輩からの教え

f:id:norimakihayate:20150730095441j:plain

 昨日は1万歩にあと少し足らなかった。下山から出発して和知(わち)という所を過ぎ、安栖里(あせり)というところまで達した。

 

 私が入社したN社という自動車会社は自社の車以外は構内には立ち入り禁止だった。N社製以外で唯一立ち入りが許されていたのは、F社という技術提携をしている会社製の車のみだった。

 

 その当時の私の愛車はホンダZで、勿論出入り禁止車種だった。それで、それではさすがに不味かろうというので、すぐ上の先輩にN社で買うなら何が良いかと尋ねたのだった。私が最初に就いた先輩はその会社の付属高専出の叩き上げの技術者で、図面の引き方、材料規格の読み方等々、設計のイロハから教えて貰った人だ。その人の車選びに関する答えは、エンジン設計に属する人らしく、車ではなく、エンジンの機種で、A12搭載車にしろというものだった。A12というのは、合併した旧P社系列の設計部隊が作った小型車向けの1200ccのエンジンだった。旧P社系列の設計部隊というのは、その昔ゼロ戦の設計をしていた中島飛行機の流れを汲む設計者集団だった。その旧P社系列の設計部隊に籍を置いていたある先輩の技術者によると、荻窪にあったその設計事務所には壁にゼロ戦の本物の設計図が掲げられていたというのだった。

 

 先輩によると、車を買うならA12搭載のそれもツインキャブ仕様にしろということだった。当時既に排気ガス規制のせいで、A12のツインキャブ仕様というのは既に生産されていなくて、買うとすれば中古車で、サニーB110型GXというのか、チェリーX-1Rというのしか選択肢はなかったのだった。