norimakihayateの日記

現在は私の海外史に特化して記しています。私的な意見ははやてのHomePageへ書いています

親へのPC教育

f:id:norimakihayate:20150618093514j:plain

 昨日で当面の目的地であった金沢まで到達してしまったので、この先どうするか考えなくてはならない。東海道中山道、九州道、北海道についでの金沢北陸道制覇の後なので、少し違った趣向を考えなければならないと思っている。私のコンピュータ史もあと少しとなるが、暫くはネタが尽きるまで続けて、その後は何を題材にするか、少し考えてみるつもりだ。

 

 さて、私のコンピュータ史は、親のパソコン入門の続きである。

 

 父親は理系出身ではなかったものの、大型計算機のプログラマーをしていたので、リタイヤした後、自分用のワープロを購入して使っていた。確かNECの文豪ミニだったと思う。その後、ワープロからパソコンが主流の時代になった時に、会社ではもう使う人が居なくなったマッキントッシュのSEを自宅に一時借りてきていた時期があって、これをお試しとして使わせてみたがどうもマウスを使うことが慣れることが出来ずすぐに断念していた。

 その後、テレビで高齢者の為のパソコン講座などをやっていて、それを観ていると母から聴いたので、今度は我が家で余っていたマックのLC630を持ち込んで、使い方マニュアルも自作で作って渡しておいたら、今度はまじめに取り組んだようだった。ある程度マウスも使いこなせるようになったところで、電子メールのやり取りも出来るようにと思ったが、LC630に必要な外付けモデムが無かった。既にLANの時代になっていたので、モデムを将来使うことはないだろうと全て廃棄してしまっていたのだ。その時、娘が主に使っていたPerforma6260ならモデムが内蔵されている事を思い出したのだ。それで娘が使っていたファイルをデスクトップの背景含め全てLC630と入れ替えて新たにPerformaのほうを実家に持っていったのだった。Performa6260とLC630は見た目も性能も殆ど同じだったので、娘は機種が変わった事にも気づいていなかった。これで無事、実家との間で電子メールが開通したのだった。