norimakihayateの日記

現在は私の海外史に特化して記しています。私的な意見ははやてのHomePageへ書いています

ピアノが我が家にやってくる

f:id:norimakihayate:20150205112620j:plain

 昨日は清里町を出て、南斜里、中斜里と過ぎ、知床斜里まで到達した。

 

 会社に入った頃から、結婚して家を持ったら何を置いても自分のピアノを買うつもりでいた。グランドピアノは無理としてもアップライトの普通の88鍵のピアノだ。車よりもピアノを優先するつもりでいた。その日まではエレピアノで我慢することにした。

 結婚して2年目に中古ではあったが、我が家を手に入れることになる。その時、妻が実家からピアノを持ち込もうと言いだしたのだ。妻の実家でピアノを使っていたのは妻だけだったのだ。しかも妻は職業訓練としてのみ使用していた。従ってほぼ私専用の楽器となることになるのだ。

 このピアノが新しい我が家に来てから、再びクラシックの楽曲に挑戦することにした。高校の時に男子生徒の間で弾き競っていた際には、比較的ゆっくりで易しいベートーベンのソナタ、月光の第一楽章だけしか弾けなかったので、速弾きの第三楽章まで何としても弾けるようになろうと目標を定めたのだった。

 何せバイエルで挫折して、ツェルニーまで到達出来なかった経歴で、あとは独学のみで覚えたピアノなので、計画としてはかなり無謀だったかもしれない。来る日も来る日も月光を練習していて、第三楽章の最後まで弾けるようになるのに三年は掛かったと思う。その間に妻は最初の子を妊娠していて、胎教に良かったかどうかはいささか疑問だ。