norimakihayateの日記

現在は私の海外史に特化して記しています。私的な意見ははやてのHomePageへ書いています

新旧入れ替わり

f:id:norimakihayate:20141128155229j:plain

 昨日は上磯を越え、清川口、久根別、東久根別と過ぎて、七重浜まで到達した。都会である函館に近づくにつれ、駅間が俄かに詰まってきた。もう五稜郭まであと一歩というところだ。

 

 五稜郭には学生時代の初めての北海道旅行の際に訪れている記憶がある。しかし、記憶はかなりあいまいだ。最初は函館に着いた翌日、次の宿泊予定地だった駒ヶ岳の麓の大沼へ行く途中に寄ったのだと思っていた。しかし何となく日程的には変だなと思っていた。今回、松前から海岸線沿いに江差線を辿ってきて、だんだん思い出してきた。北海道旅行の最終日にするつもりだった日、函館でレンタカーを借りてトラピスチヌス修道院、トラピスト修道院と廻ったのだが、この時ついでに五稜郭傍の駐車場に車を停めてタワーにも昇ったのだった。多分、トラピスチヌス修道院の前に五稜郭へ臨んだのは間違いない。

 

 五稜郭の記憶も相当曖昧だ。5角形の星形だったぐらいしか憶えていない。タワーに昇ったのは記憶していたが、5角形の中心にあったのだと思っていた。しかし、今画像や航空写真を観るとタワーがあるのは星形の外だ。しかもよく調べると昔昇ったタワーは2006年頃、新しい物にすげ変わっているという。

 

 子供の頃から見知ったものが、新しいものにすげ変わってしまっているのは仕方のないことではあるが淋しいものだ。まず第一に浮かぶのが江の島のタワーだ。古い鉄骨組みのタワーは小学生時代以降何度昇ったか知れない。新しくなってからはまだ一度も足を踏み入れていない。

 

 まだすげ変わりは完成していないが、国立競技場もそうだ。オリンピックが東京で開催された時、国旗掲揚の為に入った憶えがある。本番の開会式ではなく、そのリハーサルか何かだったと思うのだが、何のイベントだったかははっきりしない。国旗掲揚は各国の旗がずらっと並ぶのでかなりの人数が必要になる。東京中のボーイスカウトがイベント毎に割り振られて動員されたのだったようだ。開催時はまだカブスカウトだった筈で、同じ団の先輩のボーイスカウトの人達が国旗掲揚を担当するのを整列して見守っていたのだったと思う。その後何度か手伝いに国立競技場へ行っているが、観客席の裏の売店で売られていたバタークラッカーが殊の外美味しくて、行くと必ず一袋買って食べていたのを強烈な印象として憶えている。

f:id:norimakihayate:20141128155324j:plain

 (新旧タワーが共にあった時代の画像 共に借り物)