norimakihayateの日記

現在は私の海外史に特化して記しています。私的な意見ははやてのHomePageへ書いています

矢野顕子とホーハイ節

f:id:norimakihayate:20141118142027j:plain

 昨日は11155歩、距離にして9.4kmを稼いだ。ふと気づくと一昨日は11153歩で2歩しか違わない。その前日は11126歩で29歩しか違ってなかった。歩いた場所も時間帯も異なるのにである。駅としては津軽今別を過ぎただけで、青函トンネルの入り口付近へ辿り着いたぐらいだ。

 

 津軽地方を出る前にもう一度、矢野顕子の歌を紹介したい。前々日に井上ひさし吉里吉里人を図書館から借りだして読み始めたことを書いた。実は一緒に矢野顕子の復刻版のCDを2枚借りてきている。矢野顕子の昔のアルバムはレコードで購入してMDにダビングしそれを更にCDに焼き直している。これを実行したのは2000年を越えてすぐの頃だったと思うが、MDプレーヤは既に壊れていて片チャンネルしか再生出来ず、モノラル盤みたいになってしまっていた。今回ブログで紹介したついでにちゃんとしたステレオ盤で聴き直してみたくて、CDショップや再販店を捜したが何処にも見当たらなかった。ふと図書館に収納されているのではと思いついて検索を掛けてみたところ、復刻版としてのシリーズで数枚存在するのが確認されて借りてきたのだ。私が棲む街の図書館はCD関連の蔵書(?)が充実しているらしく、亡くなった姉が持っていたセルジオメンデスとブラジル66のアルバムを兄弟全員が聞きかじっていて、つい先日、新潟に棲む末っ子の妹がもう一度聴きたいというので我が町の図書館で見つけてダビングして送ってあげたというエピソードもある位だ。

 

 八甲田山にゃ・・・

 

著作権侵害のおそれがあり、一部削除しました)

 

 一枚目のアルバムJAPANESE GIRLに収録されている津軽ツアーという曲で、原曲は津軽民謡のホーハイ節だそうだ。実際のホーハイ節も聴いてみたが、ホーハイという掛け声の部分だけが一緒でメロディは別だった。