norimakihayateの日記

現在は私の海外史に特化して記しています。私的な意見ははやてのHomePageへ書いています

那智・チャコ パック

f:id:norimakihayate:20141102090349j:plain

 昨日は一戸から二戸を経て、斗米(とまい)という所まで来た。この辺りも全く土地勘がないので、再び昔の話。

 

 最初の東北一人旅の時、秋田を出て最後に山形へ寄っている。もう宿泊はしないつもりの最終日だった。その時、訪れる最後の場所に選んだのは左沢(あてらさわ)線の途中にある寒河江(さがえ)という駅だった。

 

 それはおそらく中学生の時だったと思う。まだラジオの深夜放送を聴いているクラスメートは数人しか居ないという時代だった。私は専らオールナイトニッポン派だった。親友の一人はTBS系のパックインミュージック派で、こんな面白いのがあるんだと教えてくれたのが、所謂那智チャコパックだった。その親友に誘われて聴きだして、いつしかの回に投稿の話の中に山形駅から分かれて出ている左沢線(あてらさわせん)というのがあって、その路線を使って登校する生徒の話が出てきた。毎朝の通学電車の中で、素敵な女の子を見つけて、どうしても声を掛けられなかったというような話だったと思う。山形から乗って、降り立つのが寒河江の駅だったと思う。左沢、寒河江を何と読むのかを知ったのもその投稿がきっかけだった。左沢線寒河江がどんな処なのかどうしてもこの眼で見てみたくて、東北旅行の最終日に意味もないローカル線の往復をしたのだった。

 

 「陽は出て、陽は入り、またその出でし処に歩みゆくなり。夜は去り、夜は来たる。しかれども大地はとこしえに保つなり。」そんな朗々とした名調子の文章を思い出しながら、投稿文章に出てきた最上川の鉄橋を渡ったのだった。