norimakihayateの日記

現在は私の海外史に特化して記しています。私的な意見ははやてのHomePageへ書いています

由比正雪

 富士川を越えて、由比というところまでやってきた。

由比というと、例年台風が太平洋側にやってくると、必ず出てくる海沿いの道の映像が

すぐ眼に浮かぶ。下り車線が高波で冠水して通行止めになるのだ。あれは東海道だった

だろうか。東海道東名高速東海道線、そして新幹線とよっつの幹線が並行して走っ

ている訳だが、その一番海寄りの道だ。

 由比というと、由比正雪という名が浮かんでもくる。はて、誰だろう・・・。

しばし考えていても何者なのか思い出せない。ネットのウィキで引いてみてやっと判っ

た。伊賀の影丸だ。小学生の頃、よく読んだ漫画の中に出てきた謎の男だ。侍のようで

もあり、浪人のようでもあった。ちょんまげは結っておらず、長い髪をざんばらにして

いるのが特徴的だ。由比という土地にも所縁のある人物のようである。

 

 

 「何奴。おぬし、相当出来るな。」

 「ふふふ。某は由比・・・正雪と申す者にござる。」

 「正雪・・・とな。」

 「して、そちは・・・?」

 「そち・・・は、オリンピック・・。」