norimakihayateの日記

現在は私の海外史に特化して記しています。私的な意見ははやてのHomePageへ書いています

シチュエーション

 時は平成、二十と六とせを過ぎたばかり。時の将軍、安倍の清明

改め晋三公に移りて、それまでの平穏、泰平とみゆるばかりがその

実、平和呆けにうつつを抜かしておった矢先、対馬および玄海の果

てより、俄かに蛮人うち攻め入るが如き暗雲立ち込める中、江戸の

渦中より、京に昇らんとする姫君があったのでござりました。その

名を紀宮すんどころと称すも、場末の町娘のりまきと身を変じ、一

路、単身武者修行へ京の都へまかりでた息子、霞丸の安否を案じて、

一路、東海道五十三次への旅へいざ向かわんとするところなのであ

 

りました・・・・。ベベン、ベエン・・・。