norimakihayateの日記

現在は私の海外史に特化して記しています。私的な意見ははやてのHomePageへ書いています

ノバイのホテル ダブルツリー

デトロイトの空港で現地駐在員のI氏の運転でNOVI(ノバイ)という街にあるホテル、ダブルツリーへ連れていって貰う。 ノバイは現地駐在員事務所のある街で、このブログでも2017年7月初め頃の記事で紹介している、4年前の2000年の米国出張の際にも…

デトロイト到着

シアトルからデトロイトまで飛行は4時間だったが、快適なビジネスクラスの8時間に比べて、とても長く感じられた。時差ボケになるからと、なんとか頑張って起きていたが、同行した他のメンバー達はかなり寝てしまったようだった。 デトロイトに着くちょっと…

同乗のアメリカ人たち

シアトル・タコマ空港からデトロイト・メトロポリタン空港までのフライトで隣の席だった海兵隊上り風の青年については昨日触れたが、もう少し別の同乗者たちにも触れておくことにする。 通路の反対側は当時人気テレビドラマとして放映されていたER緊急救命室…

非常口前の席

シアトルからデトロイトへは米国の国内便ということになる。シアトルまでの8時間はビジネスコンバートで楽々だったが、デトロイトまでは勿論エコノミー。当時の日記には767の小型機ではと書いてあったが、真ん中に通路があって、左右三席ずつのレイアウ…

出入国カード

シアトルのタコマ空港へついて入国審査に並ぶことになる。国際線でのトランジットという扱いではなく、一旦ここで米国に入国し、ここからは米国国内線でデトロイトへ向かうという形になる。 当時の日記を見ると、パスポートチェックで、係官が金髪美人と東洋…

マウントレーニア

ノースウェスト便は成田を立って約8時間後、現地時間で朝6時40分にシアトルのタコマ空港に到着した。私は飛行機では寝れないタチなのだが、ビジネスクラスのゆったりしたシートのせいか、割とぐっすり寝れたようだった。 タコマ空港は略称シータック(SE…

機内の愉しみ

同行のエンジニアのY氏とN氏を載せたノースウェスト便はほぼ定刻どおりに成田を出発した。Y氏とN氏は並んだ席だったが、私は彼らから6列ほど前で独り。遠慮なく機内の愉しみを堪能する。 ビジネスクラスのいいところは、出発前から飲物がサービスされる…

ビジネスコンバートのノースウェスト便

2004年の米国出張は、往きがシアトル経由、帰りがミネアポリス中継のノースウェスト航空のビジネスコンバート便だった。行先は勿論デトロイトということになる。 海外出張は、1970年代ぐらいまでは文字通りビジネスクラスを使うのが当たり前だった。…

三度目の米国出張

2002年に上海出張をしてから暫くは海外出張の話は無かったのだが、2004年になって突然、米国出張の話が降って湧いた。この時も私が間接的には関係しない訳ではなかったが、直接担当しているプロジェクトでは無かったので、何の心の準備も無かった。…

上海出張 おまけ

上海出張編については今回で終わりにするが、当時の画像を見ていて二枚だけ最後に紹介する事にする。 冒頭の画像は上海空港から市内へ向かう高速道路に乗る時の料金所のものだ。現地の駐在員が話してくれたのだが、中国ではETCは成り立たないというのだ。…

上海のお土産

イミテーションマーケットからホテルに戻って、皆はソフトドリンク、私はビールを頼んで喉を潤し、お昼になったところで、タクシーで空港へ向かう。セダンのサンタナのタクシーは荷物が入りきらなくてトランクを開けたまま紐で縛ってゆく。席は私が前の助手…

上海 イミテーションマーケット

最終日はホテルのチェックアウトをした後、同僚のT氏の希望でイミテーションマーケットへ徒歩でゆくことになる。 そこは、アメヤ横丁のような場所で、安物の衣服や土産物が並んだ店でひしめきあっている。店員が口々に「ロレックス、ブルガリあるよ。ヴィト…

上海・朝の散歩

上海三日目の朝、二度目の朝食の後、独りで外へ出て散歩することにする。通りを何本か行って戻ってで30分ほど歩く。通りをちょっと奥へ入ると、貧民街の全く違う世界があるように見える。通りで、上海蟹、餃子、何やら判らない焼き物などをドラム缶の上で…

上海・二度目の朝食

レセプションのあった翌朝も一人で朝食のビュッフェへ。今回はテーブルを全部回ってみて、出ているものを全てチェック。御粥など中国風のものを中心にする。御粥も中国果物も期待ほどは美味しくない。 玉子料理も作ってもらうが、「オムレツを。」というと、…

中国から電子メール

レセプションディナーパーティの後、同僚のT氏と一緒に行くという中国人営業のR嬢とにホテルの外でのマッサージに誘われたが固辞して部屋に戻る。 部屋の電話で電子メールをトライする為だ。当時はまだ電話回線を使って送信する時代で、ホテルの電話機の電…

レセプションディナー

上海出張二日目の夜は、現地クライアントを招待客として迎えてのレセプションディナーが開催された。我々は迎える側となるので、入口受付で客の胸に花を付けるのを手伝ってくれと部下の営業課長に言われたのだが、そういうのはコンパニオンに任せておけばい…

上海プレゼ出張 交替での昼食

上海出張二日目のお昼は少しずつ交替で外に食べに出る。一日目は午後に到着したので、初めての昼食で、同僚のT氏、H氏と連れだって日本料理店へ行くことになった。天麩羅定食を頼んだのだが、味は日本のものと全く変わらない。 途中から横の席にコンパニオ…

今年も宜しくお願い申し上げます

いよいよ2018年の元旦を迎え、このブログのもうすぐ丸四年を迎えることになります。ここまで続けてこられたのも、時々見に来てくださる方々や、丁寧に星マークまで付けて戴ける皆様のおかげだと感謝いたします。 のりまき、はやての東海道五十三次バーチ…

新錦江大酒店の朝食

プレゼの翌朝は8時にはビュッフェの食事に出る。ここも一応のものは揃っているが、味はそれほどでもない。特にパンなどが旨くない。高層ビル屋上階の回転レストランは眺めはいいが、動きがぎくしゃくしていて、心地よくはない。蒸篭にはいった飲茶の中華ま…

初日、打ち上げ

6時過ぎにその日は終了で、営業若手のI氏によるクロージングセレモニーの仕切りを聞いてから、部屋へ一旦戻り、食事の為にロビーに再度集合。前の日に協賛しているH社との合同夕食会があったそうで、その日は我々の会社側のみの食事。案内役の営業I氏が…

商品展示

上海出張のメインの仕事は、プレゼンテーションの他は、二日間に亘る商品展示の説明員だ。基本は英語で、英語の判らない中国人には、大学生バイトのコンパニオン嬢の助けを借りる。 来ているのは中国の自動車関連企業のバイヤーが主だ。女性も少なからず居た…

プレゼンテーション

四日ばかりリアル旅に出ていて、ブログの更新が三日ほど滞ってしまった。その辺りの顛末についてはまた後日記すことにする。 さて、2002年の上海出張だが、プレゼ時間の最後のほうに私の順番が廻ってきた。一応中国語に翻訳する通訳がついていて、日本語…

会場のコンパニオン嬢たち

チェックイン後、荷物を置いてすぐ会場のホールがある階へ向かうが、プレゼの順番は入れ替えてくれていて、最後のほうになったのでちょっと時間に余裕が出来た。会場には入口のレセプションと展示会場にチャイナドレスを着た若い女性のコンパニオンが何人か…

ホテル・新錦江大酒店  JIN JIANG TOWER

<ホテル 新錦江大酒店 JIN JIANG TOWER> 上海の空港から1時間ほどで市内に入り無事会場のホテル、新錦江大酒店に到着する。確か50数階ぐらいあり、背の高いビル群の中にあって、ひときわ高かった記憶がある。 ホテルに着いた際には既にプレゼは始まって…

ホテルへの道のり 3

上海浦東国際空港を出てすぐの道路は片側5車線の道路だった。その後、1時間弱で上海市内へ入るリングへ乗ったのだが、こちらも片側3車線の道路。 街を走る車の半分はトラック。乗用車の9割方はフォルックスワーゲン社のセダン、サンタナ。それもモデルチ…

ホテルへの道のり 2

2002年は、もうあまりはっきり憶えていないのだが、当時の日記によると上海ではリニアモーターカーの線路が建設中だったとある。暫く前に中国で新幹線が正面衝突か何かで脱線し、その車両を土の中に埋めてしまおうとして問題になったが、あの列車の走っ…

ホテルへの道のり

浦東国際空港で重役たちが出てくるのを散々待たされた後、迎えの営業課長の案内でホテルへのタクシーに相乗りする。道すがら驚いたのは古い物と新しいもののギャップだ。 古い建物はさながら日本の昭和初期。新しい物は当時(2002年)の日本とさほど変わ…

上海 浦東国際空港 到着

成田を11時過ぎに出発した日本エアシステム便は現地の午後1時過ぎに上海に到着した。上海には浦東というのと虹橋という二つの国際空港があるが、当時の残っている写真からすると、天井から白い棒状のものが幾つも垂れ下がっているのが特徴的な浦東国際空…

上海出張 旅程

2002年の上海出張は10月の終り頃、2泊3日で行われることになった。期間は人に依ってまちまちで1週間ぐらい前から入ってずっと準備をしている人もいれば、二日間行われるプレゼと展示の当日のみの対応の人は私を含めてだが一番短い2泊だった。 成田…

上海便からの眺め

今日の画像は二枚とも既にこのブログでは登場している。2014年の5月と6月だったと思う。共に何故か、その時は日本エアシステムの韓国行きの機上からと紹介している。しかし、それは間違いだった。画像の撮られた日付からすると、今紹介している上海往…